Project updates

  • Fri 27 April Permission to grow bananas recieved!
  • Tue 17 April DDEX.io and Bananacoin competition
  • Sun 08 April How to trade BCO at KKCoin.com (tutorial)
  • Fri 06 April USA TODAY ask Bananacoin a question
  • Wen 28 Mar Press-release from 28 March 2018
  • Wen 28 Mar How to buy Bananacoin after TGE?
  • Thur 22 Mar Prasan is ready for new farm
  • Tue 20 Mar DDEX.io is next for BCO
  • Thur 15 Mar Kkcoin.com is now supporting BCO trading (BCO/ETH)
  • Thur 15 Mar Token.store is next trading platform to list BCO
  • Wen 14 Mar Important notice for investors, media and other parties concerned
  • Tue 13 Mar Alexander Bychkov and Oleg Dobrovolskiy speaking on Mango addtition
  • Sun 11 Mar Mango plantation addition press release available
  • Fri 9 Mar BCO token availiable at Etherdelta
  • Fri 9 Mar BCO token availiable at Forkdelta
  • Show more

Market prices

  • Banana
    2.3$ per kg
  • Mango
    2.2$ per kg
Token sale finished
?
トークンはすでに売り出しました。
14M トークンの総量

Bananacoin

ラオス初の環境保全型プランテーションはすでにEthereumで実用トークンを発行しました。1キログラムのバナナの輸出価格と関連付けています。

私達のミッションはラオスのプランテーションで「Lady Finger」と言われた健康な有機バナナ品種を栽培し、またそれを需要量のより大きな中国に輸出することであります。

エゴプランテーション

Olegはベトナムに10年以上在住しており、不動産と輸出果物に投資しています。彼はbananacoinで50ドルを投資しており、彼の妻は500ドルを投入しています。彼は運よくBananacoinの旅を獲得しました。ラオスのビエンチャン旅行中、彼の話を聞きました。
日本から来たBananacoin Early birdはチームの経験を了解しています。
最近、ラオス北部ボケオプロヴィンスの政府部門は農業化学品使用規定に違反することを発見した後、中国に支持された18バナナプランテーションの活動を停止しました。

殺虫剤はありません。

私達は生産の中でいかなる殺虫剤も使いません。生产过程完全符合老挝对农用化学品的使用规定。

環境保全型

私達は一つの「有機農場」を創り出したいと思っています。他の農場と隔離するバナナプランテーションであり、生態環境を保全します。

3年

私達はラオスで15年の商売をしたことがあります。3年前から、私達は農業、即ちバナナの栽培と輸出に従事し始めています。

収益性の高い業務

私達はプランテーションのリースから始めました。これは収益性の高い業務であります。去年私達はこれを買いました。私達の次のステップは、業務を拡大することであります。

政府のサポート

私達はプランテーションの位置するビエンチャンプロヴィンス政府長官と密接な連絡があります。彼はプランテーションを高くひょうかしました。

実際に検証された資産

バナナプランテーションはブロックチェーンで実際に検証された資産であります。これは農業に関するニューテクであります。

ファイル

私達のファイルをチェックして、より多いBananacoin、トークン、チームとTGE過程の詳細を了解してください。

Bananacoinに参加する理由

Bananacoinは世界初のラオスビエンチャンプロヴィンスの有機バナナ生産に参加するブロックチェーンオプションであります。

  1. 中国に輸出するバナナの不足量は3万ヘクタールである見込みであり、その消費量は増えています。
  2. Bananacoinトークンの価格は1キログラムバナナの価格に保護されています。
  3. 中期間から見れば、私達のチームは生産面積を1000ヘクタールに増やすと計画しています。
  4. 栽培するバナナ品種Lady Fingerは中国市場で最も高くて人気のあるものであります。
  5. 参加者はいずれも私達のラオスビエンチャンプロヴィンスにあるプランテーションを訪問する権利があります。
  6. 私達の業務規模は非常に拡張し易く、また、アジア果物市場でますます重要になってきています。

ロードマップ

チーム

Bananacoinはメンバーが意気投合しているプロのチームです。彼らは豊富な業務開発の経験を持っている。

Oleg Dobrovolsky

Oleg Dobrovolsky

53歳、ロシア出身のビジネスマン。当プロジェクトで各業務部署の協同調整を担当、100%参加。彼の農業分野の経験は3年だ。

Alexander Bychkov

Alexander Bychkov

36歳、ビジネスマン 17年間で,より卸小売り業務をゼロから立上げ当プロジェクトで市場販売と交流を担当。

Anna Guncheva

Anna Guncheva

32歳、クリエーティブ機関の所有者。広告とマーケティングの面で幅広い知識を誇っている。当プロジェクトのマーケティング及び投資者との関係営みを担当。

Eugene Khashin

Eugene Khashin

27歳、IT開発者兼企業家。ビッグデータとステートフル サービスの研究に夢中、時にはドラムたたきをも楽しむ。Bananacoin、Eugeneでスマートコントラクトと個人アカウントを担当。

Nicola Kardashov

Nicola Kardashov

彼は27年間の芸術家とデザイナーの経験を持ち、ブロックチェーンの投資家、機関関係と社交的な経験を持っている。 彼は現在、顧問でBanacoinの体制建設を担当している。

Dmitry Mazutov

Dmitry Mazutov

中国四川省駐在代表 対外エコノミスト、英語と中国語の通訳担当。8年間に渡り中国で勤務。

Alexander Magomedov

Alexander Magomedov

ラオス滞在して17年目。ここ5年、農業に従事、バナナの栽培と輸出に一筋。ラオス語できる。農業分野で3年間働く。

Mr. Prasan Sangsatjatham

Mr. Prasan Sangsatjatham

41歳、当プロジェクトの主要な農学者。農業学学位持ち。Prasanの農業才能は彼の血に流れている。家族栽培園保有。彼の農業分野の経験は3年だ。

Peter Peng

Peter Peng

私たちの技術協力パートナー(顧問)です。いつでも質問に答える準備をしており、bananacoinと関連した現在の仕事について話し合う」と述べた。 Oren Irrigation Equipment Ltdの経営最高責任者。この会社は10000ヘクタールの灌漑地を保有、農業灌漑、農業生産自動化、、設備販売、人員教育を事業目的としている。

パートナー

よくある問題

私達は完全に公開すると主張しているため、よくある問題の中でご質問を見付けなかった場合、私達に送信してください。私達はできるだけ早く連絡いたします。

TGEとは?
TGE(トークン生成事件)はクラウドファンディングの1種であります。それによって私達はデジタルトークンを発行して投資を引き換えることができます。いかなるトークンはその所有者に声明された条件による収益を獲得する権利を与えます。
貴方達は誰ですか?
私達は本当のバナナプランテーションの所有者です。貴方はウェブサイトのホームページから私達のチームと開発者を了解してください。また、直接にhttps://t.me/bananacoineng の Telegram チャートルームを利用して私達と交流を交わすことができます。
Bananacoin農場のアドレスはどこですか?
Ban. NAPHONG. Distric HINHEAP.pr.VIENTIANE. gps - 18.5585025 102.19301210。Googleマップでこれを見付けることができます:https://goo.gl/maps/542XdhqpETP2
農業産業はブロックチェーンとどう関連しますか?
私達は農業産業とブロックチェーンを一緒にバンドルするのではなく、私達はブロックチェーンの機能を利用して投資を募集(クラウドファンディング)し、また、将来の投資者に透明の支払いを按配します。
ボーナス計画がありますか?
ボーナス計画はすでに終わりました。もっと多い情報は次のサイトにアクセスください:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2164386.0。
なぜラオスですか?なぜべトラムまたは中国ではないですか?
現在、私達はラオスで農業生産に従事しているため、現地政府の認可と広汎の税収優遇を持っています。 中国であれば、生産コストは高過ぎます。べトラムの土地は農業生態に対し、不利な影響(戦後の化学汚染)があります。

Take part in the project

Subscribe to receive updates